歯科でのマイクロスコープ治療

subpage1

脳の手術や眼科での手術に用いられているマイクロスコープですが、近年では歯科での治療でも使用されてきています。今までの歯科治療では歯科医の経験や感覚による治療が主でしたが、マイクロスコープを使用することによって経験や感覚ではなく見ながらの治療ができるようになりました。これによって歯の根の治療である根管治療では汚れの具合を見ることができるようになったので、後で腫れてきたり痛くなるといったことがほとんどなくなりました。


虫歯の治療でも虫歯になったところを見ながら削ることが可能になったので余計なところを削らずに済むようになってきています。冠をかぶせるときでも適合を見ることができるので合わない冠をかぶせて再び虫歯になってしまうといったリスクも軽減することができ、外科的な手術もよく見ながら手術できるメリットと必要最低限の切開で済むので患者の体への負担も軽くできるといったメリットがあります。



よく耳にするようになったインプラント治療も同様で切開からインプラントの適合まで目で確認できるようになりました。歯石除去の時に使用することで歯石の取り残しがなくなる等予防面でもマイクロスコープは活躍しています。

Yahoo!ニュースのクチコミ評価が高いです。

こういったメリットばかりのマイクロスコープですが現在は保険適用外の治療なので歯科医院によって費用は様々です。



なかなか治らない歯や歯茎のトラブルに悩んでいる方、確実な治療を受けたいという方はマイクロスコープ治療を行っている歯科医院に一度費用を含めて相談してみると良いでしょう。